TEL: 078-855-5163
兵庫県神戸市灘区八幡町
3-6-19 クレアール六甲2A
【営業時間】9:30〜19:30
【定休日】日曜・祝日
~お困りの症状について詳しく知りたい方へ~

膝関節痛(膝関節炎)でお悩みの方へ

こんな膝関節の症状で悩んでいませんか?

  • 膝関節の位置が歪んでいる感じがする
  • 膝の筋肉がおとろえてきている感じがある
  • 膝にヒアルロン酸の注射をしてもあまり効果を感じていない
  • 長時間出歩くと膝が痛くなるんではないかという不安がある
  • マッサージを受けても膝の痛みがなかなか良くならない
  • 痛み止めの薬やブロック注射、湿布薬を使っているが膝の痛みが変わらない
  • 膝の痛みは年齢のせいで仕方がないと言われた
  • 天候が悪い日は膝がズキズキと痛む
  • 変形性膝関節症と診断され、将来手術をしなくてはいけない不安がある
  • 将来膝の痛みがひどくなると杖を使わないといけないとあきらめている
  • 膝の曲げ伸ばしをする動きに不安がある
  • 昔スポーツで十字靭帯を痛めて以来、膝に常に不安がある
  • 膝の痛みは加齢による半月板のすり減りのせいで仕方がないといわれた
当院では、上記のお悩みをお持ちの方の改善実績があります。
当院では、上記のお悩みをお持ちの方の改善実績があります。

 

当院の治療を受けられ膝関節痛が改善された方は…<

  • 膝関節の位置が整い歩きやすくなった
  • 膝の痛みがなくなり、歩き出すときに膝が痛くなる不安から解消された
  • 治療後に膝の痛みと違和感が全くなくなった
  • 正座をしても膝の圧迫感がなくなった
  • 膝に注射を打たなくてもよくなった
  • 膝の痛みを気にすることがなくなり、快適な生活が送られるようになった
こういった喜びの声を頂いております。

 

当院の治療を受けた方の喜びの声をお聞きください。

この先生は「痛み」をよくご存知です。素晴らしい治療法だと感じ、大切な家族や友人、仕事先の方々にもオススメさせて頂いています。

谷口 尚子さん 女性
兵庫県 西ノ宮市 会社員
お悩みの症状:腰痛、膝の痛み、足関節捻挫、足首の痛み

※個人の感想であり、治療効果を保証するものではありません

区切り線
この膝の痛みは一生つきあっていくしかないのか…
あきらめるのはまだ早いです!
膝の痛みの本当の原因はまだ処置されていないかもしれません!

区切り線
区切り線
この膝の痛みは一生つきあっていくしかないのか…
あきらめるのはまだ早いです! 膝の痛みの本当の原因はまだ処置されていないかもしれません!
区切り線
 

お膝関節痛とは

膝関節痛は年齢を重ねていくと多くの人が悩まされる関節の痛みです。

膝関節は歩いたり走ったりするときに多くの動きが起こる上に、体重の加重にも支えて耐えなくてはいけないため、損傷を受けやすい関節です。

膝関節の痛みが起こる疾患としては、変形性膝関節症(O.A))や関節リウマチ、前十字靭帯損傷、側副靭帯損傷、半月板損傷などがあります。

一般的な膝関節痛に対する治療は膝を支える大腿四頭筋や大腿二頭筋の筋肉に対するマッサージや筋トレ、電気治療、痛み止めの薬や注射、湿布薬を貼るなどがあります。

 

当院のアプローチ

当院では膝関節痛があっても外傷(ケガ)の場合を除き膝の関節のみを治療するということはありません。

多くの場合、膝関節は身体のアンバランスによって膝に無理がかかる状態になっています。

当院で見つかった膝関節痛の原因としては、

・過去の足首の捻挫をかばって膝関節がねじれていた
・骨盤のねじれ
・脛骨や大腿骨の骨膜のねじれ
・前十字靭帯と後十字靭帯のアンバランス
・腎臓の周りの筋膜の緊張による神経の圧迫
・背骨のねじれにより神経が圧迫され膝を支える筋肉の弱っていた

など膝関節痛といえどもその原因は人によって異なります。

膝関節痛でお悩みの方で今まで散々膝をみてもらって改善しないのであれば、膝の痛みを起こしている原因は他にあるのかもしれません。

当院では膝関節痛が起こっている真の原因を全身から探し出します。

膝関節痛でお悩みの方は是非私にその膝関節痛撃退のお手伝いをさせて下さい。

前田悦宏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です