産前・産後の骨盤矯正が必要な理由

産後の骨盤矯正を売りにしている整体院がたくさんありますが、私は産後の骨盤矯正よりも妊娠前の骨盤矯正の方が重要だと思います。

なぜかというと妊娠前に骨盤のゆがみがあるとお母さんと赤ちゃんにリスクがともなう可能性が高まるからです。

ここでは女性の骨盤に起こる可能性がある問題、妊娠中のお母さんと赤ちゃんに起こる可能性がある問題、出産時
に起こる可能性がある問題について説明致します。

1、女性の骨盤について

女性の骨盤は妊娠、出産が出来るように男性よりも幅広い形をしています。

また骨盤の中には子宮、卵巣といった生殖器、膀胱、直腸などの排泄する臓器がおさまっています。

これらの臓器は骨盤と靭帯などによってつながっており、血流や神経の流れの安定が保たれています。

2、女性の骨盤に起こる問題

女性の骨盤は、男性よりも広く妊娠出産に適した形をしていますが、この形のデメリットもあります。
例えば、しりもちをついたときに尾骨を痛めてしまう場合があります。

尾骨を痛めると尾骨についている筋肉や靭帯が緊張し、骨盤内の子宮や卵巣などの臓器に悪影響を与えることがあります。尾骨は頭蓋骨や首とも硬膜という硬いシートでつながっており、頭痛や首の痛みを引き起こすこともあります。

またハイヒールをよく履いている方は骨盤と腰に大きな負担がかかることで、子宮や卵巣の神経の流れや血流が悪くなりを子宮筋腫や卵巣嚢腫など病気を起こすリスクが高まります。

3、あなたの骨盤が正常に機能しているかを知る簡単なチェック法

骨盤に問題があるかを知るための簡単にチェックする方法があります。

手順は

①壁に両手をついて、肩幅ぐらいに足を開く

②手で壁を支えながら、両足の踵が床から離れないようにしてしゃがむ

このチェックで、
○しゃがみきる前に踵が浮いてしまう
○しゃがむ時に股関節が痛い
○しゃがむ途中で膝や足に痛みや違和感がある

このような方は、骨盤がゆがんでいる可能性があります。

この踵をつけたまましゃがむという動作は出産時の骨盤の開く動きと同じ動きになりますので、この動作に違和感を感じた方はより正確に骨盤のゆがみをチェックする必要があります。

まずは自分の骨盤に問題がないかチェックしてみましょう。

4、妊娠中の骨盤と赤ちゃんに起こる可能性がある問題

妊娠初期から後期までに子宮の大きさは大きく変化します。妊娠初期では子宮は骨盤の中におさまっています。中期~後期では骨盤の中におさまりきれなくなった子宮は胸の下まで大きくなります。

078-855-5163
当整体院へのご予約・お問い合わせはこちら

◆阪急六甲駅より徒歩1分◆◇JR六甲道駅から徒歩約8分◇

〒657-0051 神戸市灘区八幡町3-6-19クレアール六甲2A  詳しいアクセスはこちら

■受付時間…月曜~土曜 9:30~19:30 ■定休日…日曜・祝日

PAGE TOP