TEL: 078-855-5163
兵庫県神戸市灘区八幡町
3-6-19 クレアール六甲2A
【営業時間】9:30〜19:30
【定休日】日曜・祝日
~お困りの症状について詳しく知りたい方へ~

チック症(トゥレット症候群)でお悩みの方へ

こんなチック症の症状で悩んでいませんか?

  • 子供の首振り動作が気になる
  • チック症に薬を使うのは副作用があるので使うのに抵抗がある
  • 整骨院や整体院でチック症を治療してもらっても効果が実感できない
  • 突然子供が奇声を発することがよくある
  • 子供のまばたきや顔をしかめる動作が気になる
  • 意識していないのに肩が勝手に動く
  • よく口をゆがめる動作をしている
  • 病院でチック症と診断された
  • チック症は発育上仕方がないとあきらめている
当院では、上記のお悩みをお持ちの方の改善実績があります。
当院では、上記のお悩みをお持ちの方の改善実績があります。

 

当院の治療を受けられチック症の症状が軽減された方は…

  • 治療前の激しい首振りが激減した
  • リラックスできず眠りが浅かったのが改善された
  • チック症の薬を飲まなくてもよくなった
  • よく転んでいたのが転ばなくなった
こういった喜びの声を頂いております。

 

当院の治療を受けた方の喜びの声をお聞きください。

また来たいと子供が思うのにはなにか本当に良いところがオステオパシーにはあるのだと思います。

タキザワヨシ(仮名)さん 男児
海外 小学生
お悩みの症状:チック症

※個人の感想であり、治療効果を保証するものではありません

区切り線
チック症を根本から改善し、学校や日々の生活が充実出来る身体を手に入れましょう!
区切り線
区切り線
チック症を根本から改善し、学校や日々の生活が充実出来る身体を手に入れましょう!
区切り線
 

チック症とは

口や首、肩などが勝手に動く(不随意運動)運動性チックと奇声をあげるなどの音声チックがあります。

またチックの症状が一年以内におさまれば一過性チック、運動性チックか音声チックのいずれかが1年以上続けば慢性チック、両方の症状が1年以上続けばトゥレット症候群と診断されます。

脳の発達過程で症状が改善する場合もありますが、決定的な原因は分かっていないようです。

 

当院のアプローチ

チック症は神経の働きが過敏になって出ている症状ですが、その原因を身体全体を評価し探していきます。

当院で見つかったチック症の原因としては、

・神経に影響を与えるほどの関節の強い圧縮
・神経を引っ張る内臓の膜の癒着
・脳の神経核の緊張(重要!)
・骨膜の緊張
・硬膜の緊張

などがみられました。

親としてチックの症状は、学校や生活に影響がでるかもしれないと不安があるかと思います。
子供は生まれてきた時から健康であると思っておられる方も多いかもしれませんが、お子さんが症状を発しているのは身体に何か問題が起こっているサインを出しているのかもしれません。

その身体からのサインを注意深くみるとと改善策が見つかるかもしれません。
チック症でお悩みの方は是非私にその症状改善のお手伝いをさせて下さい。

前田悦宏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です