TEL: 078-855-5163
兵庫県神戸市灘区八幡町
3-6-19 クレアール六甲2A
【営業時間】9:30〜19:30
【定休日】日曜・祝日
~お困りの症状について詳しく知りたい方へ~

ギックリ腰(急性腰痛)でお悩みの方へ

こんな腰の症状で悩んでいませんか?

  • 一年のうち何度かぎっくり腰になる
  • 座っているところから立ち上がるとき腰が痛くなるかもしれない不安がある
  • 重い物を持つときに腰痛が出ないか不安だ
  • 朝起きる時に突然腰がギクッとなり痛み出した
  • ギックリ腰は下手に刺激すると痛みがひどくなるという不安がある
  • 腰が痛すぎて起き上がることができない
  • ギックリ腰にいつなるかという不安がある
  • 骨盤ベルトをいつも手放せない
  • ギックリ腰を繰り返し、最近身体が曲がってきたような気がする
  • ギックリ腰は冷やす方がいいのか温める方がいいのかわからない
  • 腰痛がひどくて日常生活の動きがつらい
  • ギックリ腰は年のせいだとあきらめている
  • ギックり腰を起こして痛みが引いてからも腰の不安感がある
  • 腰痛のせいでいつも疲れている
  • 電気を当てても腰の不調がなくならない
  • ギックリ腰になったらいつも痛み止めの注射でまぎらわしている
  • 腰をマッサージしたらよけいに腰痛がひどくなった
当院では、上記のお悩みをお持ちの方の改善実績があります。
当院では、上記のお悩みをお持ちの方の改善実績があります。

 

当院の治療を受けられ偏頭痛(片頭痛)が改善された方は…

  • 腰痛がなくなり動作するときの不安がなくなった
  • 年間のギックリ腰が起こらずにすんだ上に、腰の不調を心配しなくなった
  • 腰痛がなくなり注射のお世話にならなくなった
  • 骨盤ベルトをしなくても腰の不安を感じなくなった
  • 重い物を持つときに腰を気にせず持ち上げられるようになった
こういった喜びの声を頂いております。

 

当院の治療を受けた方の喜びの声をお聞きください。

整形外科で痛み止め、ブロック注射などでの対処療法で満足していない方々は是非このオステオパシーを試される事をお奨めします。

古谷 知之さん 男性
兵庫県 明石市 会社員
お悩みの症状:ギックリ腰、股関節痛、腰痛

※個人の感想であり、治療効果を保証するものではありません

区切り線
原因のわからない腰痛というのは、不安を感じるものだと思います。
ギックリ腰になる不安を解消し、
趣味や仕事で腰を気にせず過ごせる体を手に入れましょう!

区切り線
区切り線
原因のわからない腰痛というのは、不安を感じるものだと思います。
ギックリ腰になる不安を解消し、趣味や仕事で腰を気にせず過ごせる体を手に入れましょう!
区切り線
 

ギックリ腰とは

ギックリ腰は急性の腰痛で、突然腰に痛みが走るところからヨーロッパでは魔女の一撃と言われています。

ギックリ腰は、朝起きてから顔を洗おうとして前かがみになった時や重い荷物を持ち上げようと腰をかがめた時などに起こります。

通常安静にしておくと数日で痛みは解消してきますが、一度ギックリ腰になると多くの方が腰に不安を持ち続けることも少なくありません。

 

ギックリ腰は温める?冷やす?

ギックリ腰になったとき、自宅で何とか痛みをやわらげるときは腰を冷やせばいいのか、または温めれば良いのか、迷っていませんか?
急性の痛みの場合は炎症が起こっている可能性を考えるとアイスノンなどで急速に冷やしたほうが安全に痛みを軽減させることができます。
しかし、冬場で冷やすのは我慢できない場合や腰に熱を持っていない場合は温める方が適している場合があります。
結局は冷やしても温めても最終的には血流がよくなり痛みは軽減します。

もし自宅で行う場合は以下に注意して行って下さい。

冷やす場合

・アイスノンや氷のうにタオルなどは巻かずに直接当てる。
・腰が冷えて感覚がなくなってきたら(10~15分程度)、あてるのをやめる
・感覚が戻ってきたら、上記を何度か繰り返す

温める場合

・ホットパックなどを腰にあてる
・温めることで血流がよくなり痛みがいったん増してきます(痛みの強さがひどくなる場合は即中止して下さい)
・時間経過とともに痛みが引いて楽になってくるようなら10~15分程度行う

私個人としては、炎症の可能性を考えて冷やすことを推奨しています。

※上記を参考に処置されて腰痛がひどくなった場合、当院は責任をおいかねます。
実施される場合は各個人の責任で行ってください。
なおこの急性腰痛の処置はあくまでも応急処置ですので、やってみて痛みがひどくなる場合はすぐに中止し、しかるべき医療機関を受診して下さい。

当院のアプローチ

ギックリ腰は腰の筋肉が炎症を起こし、緊張しているような状態と捉えられていますが、当院では繰り返しギックリ腰を起こすのはなぜなのか?という視点で身体全体をみていきます。

当院で見つかったギックリ腰の原因としては、

・骨盤の仙腸関節のひっかかり
・腰椎のまわりの小さな筋肉の痙攣による腰椎の傾き
・内臓のはたらきの低下
・腰腸筋の短縮
・横隔膜のはたらきの低下

などがあります。

ギックリ腰は一度起こると、何度も繰り返すことが多く常に腰を気遣って生活しなくてはいけないため非常にストレスがたまるものだと思います。

当院ではギックリ腰が起こる仕組みから身体を調整し、さらにどういう姿勢や習慣がギックリ腰を起こすことになるかということをお伝えし、予防のアドバイスも含めギックリ腰とさよならできるよう治療を計画致します。

ギックリ腰でお悩みの方は是非私にその不安を解消するお手伝いをさせて下さい。

前田悦宏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です