TEL: 078-855-5163
兵庫県神戸市灘区八幡町
3-6-19 クレアール六甲2A
【営業時間】9:30〜19:30
【定休日】日曜・祝日
~お困りの症状について詳しく知りたい方へ~

環境対策(1) 頭痛や肩こりが治らない意外な理由・対応策【スマホの恐さ】

頭痛や肩こりに苦しむ人が、こんなにも急増しているのはどうしてだと思いますか?
それには100%『スマホ』が関与しています😞

この投稿で得られる情報

この投稿では、スマホが頭痛や肩凝りを引き起こす理由と、その対策をご紹介致します🙂
この内容を理解し実践して頂くことにより、あなた自身やあなたの周りの人が今お悩みの頭痛や肩凝りは、少なくとも軽減されるでしょう😄

今回の対策を実践した方達の声

  • 頭痛の辛さが半分以下になりました!
  • 頭痛が起きる頻度が3分の1くらいに減りました!
  • 半分諦めていた肩の痛みがなくなりました!
  • 肩凝りが酷くて夜間に目が覚めていたけど、今は朝までぐっすり眠れています!
実際にこういった喜びの声を頂きます。

今回この内容を知らないままでいると、その症状はどんどん酷くなり、ついには脳梗塞やガンなど重病に犯される危険性があります😣
是非とも今回の内容を活かし、少しでも快適な生活を送って頂けたら幸いです🙂

スマホの電磁波が脳を破壊する!?

スマホが頭痛や肩凝りを引き起こすのは、スマホが発する超強力な電磁波のせいです。
この電磁波は紫外線などとは違う、目には見えない電気と磁気の高密度な塊みたいなものだと思って下さい。

スマホから出た電磁波は、目から侵入し、まず視神経にダメージを与えます。
そこから順に、痛覚などの感覚神経を司る『視床』不安や恐怖といった感情に深く関わる『偏桃体』などの細胞が破壊されていきます😨


その悲惨な状況に耐えかねた脳は、頭痛や肩凝りという『症状』を出す事により、私達に身の危険を知らせてくれます。
あなたは今、その警報を無視し続けスマホを一日何時間も見続けているのです😣

スマホの普及による体の変化

10年程前の携帯電話は、今のように機能が発達していなかったこともあり、それほど強力な電磁波を発することもありませんでした。
私も10年以上前から色んな人の体を診て参りましたが、今のように頭痛や肩凝りに苦しむ人は、そこまで多くありませんでした。

患者さんの体が変わり始めたのは、ちょうどスマホの4G世代が普及し始めた頃です。

皆さん例外なく、脳の絞めつけられ方がえげつないことになってきております😰
頭痛や肩凝りだけでなく、5年前には考えられなかった症状で苦しむ患者さんが急増しているのが事実です😞

あなたもここ数年で、明らかに体がしんどくなったことに気付き始めている頃ではないでしょうか?

しかし幸いなことに、この悲惨な現状を回避する対策はちゃんとあります🙂

 

スマホが原因の頭痛や肩凝りへの『対策』

スマホの利用者が頭痛や肩凝りに苦しめられるのは、スマホが発する強力な電磁波が原因だとお伝えしました。
そこで、この被害を最小限に抑えるための対策をご紹介致します😄

  • 寝る前など、スマホを使わない時は電源を切る。
  • 通話はイヤホンかスピーカーを使い、スマホを頭に近付けない。
  • スマホのディスプレイを直接指で触らず、タッチペンを利用する。
  • 通信が必要のない時間帯は機内モードにしておく。
  • 長時間の動画はスマホではなく、PCやTVで画面から離れて見る。

電磁波のエネルギーは、スマホからの距離の2乗に比例して小さくなっていきます。
つまり距離を取れば、電磁波による被害は抑えられるということです。

また、スマホは通信を行っている時に最も電磁波が放出されます。
なので不必要な通信を減らしましょう。

あなたの知識が周りを救う☆

『スマホが引き起こす頭痛・肩凝り』

いかがでしたでしょうか?

当院ブログでは、このように『一般的には知られていない体の痛み・症状の原因およびその対応策』を、分かりやすく解説して参ります。
あなたご自身と大切な人達の健康を守るために、当院の情報配信を是非ご活用下さい🙂

前田悦宏

 


今後もこういった『体のリアルな問題と対応策』について学びたい方は
今すぐ当院のLINE公式アカウントを友達追加⭐
より有益で希少な情報を動画配信して参ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です