腱鞘炎(ばね指、ドゥケルバン病)でお悩みの方へ

こんな腱鞘炎(ばね指、ドゥケルバン病)の症状で悩んでいませんか?

  • 手仕事をしているときに手に力が入らなくなる
  • 手を動かすとズキっとした痛みが出る
  • 手の指の付け根にコリコリしたしこりがある
  • 手の指のこわばりがある
  • 指を曲げたり伸ばしたりするときに引っ掛かり感がある
  • 指を動かすと筋がはねる様な感じがある
  • 腱鞘炎で注射を打ってもあまり効果がない
  • 整体院や整骨院で指をみてもらっても経過が良くない
  • 腱鞘炎で手術をしなくてはいけない不安がある
  • シップや痛み止めでも指の痛みがなかなかひかない

当院では、上記のお悩みをお持ちの方の改善実績があります。

当院の治療を受けられ腱鞘炎(ばね指、ドゥケルバン病)の症状が軽減された方は…

  • 仕事で手を使うことに苦痛を感じなくなった
  • 痛みが出る不安がなくなった
  • 子供を抱き上げる際に痛みがでなくなった
  • 腱鞘炎で手術をする心配がなくなった

など、喜びの声を頂いております。

当院の治療を受けた方の喜びの声をお聞きください。

同業者で腱鞘炎になり肘にバンドを巻いて仕事をしている人や腱鞘炎で手術をすすめられている方は、こちらの治療院でみてもらうことをお薦めします。

瀬口 晃伸さん

瀬口 晃伸さん 男性
兵庫県 神戸市 ラーメン屋 縁(えにし)店長
お悩みの症状:腱鞘炎、首の痛み

※個人の感想であり、治療効果を保証するものではありません

腱鞘炎(腱鞘滑膜炎)は手の使いすぎで起こっているなら仕事を休むしかないのか…

待って下さい!腱鞘炎(ばね指、ドゥケルバン病)は指の腱だけが問題ではないかもしれません!


腱鞘炎(ばね指、ドゥケルバン病)とは・・・

腱鞘とは指を動かす筋肉の腱の摩擦を防ぐための鞘(さや)です。
手の指は身体の中でも特によく動かすところですから、摩擦によって炎症が起こりにくい仕組みになっています。
その鞘に炎症が起こっている状態が腱鞘炎(ばね指、ドゥケルバン病)です。

女性に多く、右手そして親指(手首の部分)、中指、薬指、人差指、小指の順に多く起こります。
親指のところに起こる腱鞘炎は狭窄性腱鞘炎(ドゥケルバン病)といい、妊婦さんにもよく見られます。

痛みは手の指のつけねの部分に起こることが多く、指のこわばりや動かした時の指のはねる感覚(弾発現象)の症状があります。

一般的な病院の治療は、手の安静と腱鞘へのステロイド注射、状態が悪い場合は腱鞘を切る手術などがあります。

当整体院の腱鞘炎(ばね指、ドゥケルバン病)へのアプローチとは

腱鞘炎(ばね指、ドゥケルバン病)は腱鞘を使いすぎて炎症が起こってるものですが、まずは全身を評価し、指の腱と鞘の間に炎症が起こってしまったのかその原因を探します。

当院で見つかった腱鞘炎(ばね指、ドゥケルバン病)の原因としては、

・骨盤のねじれ
・背骨と肋骨の関節のねじれ
・首の関節のねじれ
・身体から腕に流れる血管の通路を作る筋膜のねじれ
・内臓のはたらきの低下

などがみられました。

腱鞘炎(ばね指、ドゥケルバン病)は肘から指にかけて付く筋肉のところに注目することが多いですが、その筋肉が無理な緊張を続けているのは首や背骨など身体からの影響を受けた結果かもしれません。

腱鞘炎(腱鞘滑膜炎)でお悩みの方は是非私にその症状改善のお手伝いをさせて下さい。

前田悦宏

078-855-5163
当整体院へのご予約・お問い合わせはこちら

◆阪急六甲駅より徒歩1分◆◇JR六甲道駅から徒歩約8分◇

〒657-0051 神戸市灘区八幡町3-6-19クレアール六甲2A  詳しいアクセスはこちら

■受付時間…月曜~土曜 9:30~19:30 ■定休日…日曜・祝日

PAGE TOP