頚椎椎間板ヘルニアでお悩みの方へ

こんな頚椎椎間板ヘルニアの症状で悩んでいませんか?

  • 首から腕にかけてズキズキする痛みがある
  • 腕に神経に触れたようなビリビリする感覚がある
  • 突然、首、肩、腕が痛くなり寝ていても痛みが強く仕事ができない状態になった
  • 頭を上にむけると肩や腕にしびれる感覚がある
  • 電気を当てたり、温めたりしても、首や肩の深いところの痛みが取れない
  • 痛み止めの注射(星状神経節ブロック)を首に打ってもらっても痛みが取れない
  • 手や腕の感覚が鈍い感じがある
  • 手の親指のつけ根の筋肉がやせて動かしにくい
  • 手の力が入りにくい感覚がある
  • 首を左右に動かすと痛みが出る
  • 首から肩甲骨にかけて痛みがでる
  • 首の位置によって腕に痛みが走る
  • 箸を使うときに以前より手が使いにくい感じがある
  • 首を牽引してもらってもなかなか痛みがとれない
  • レントゲンとMRIをとってもらい椎間板ヘルニアと診断され、将来手術しないといけない不安がある
  • 何度も寝違いを起こし首に鈍い痛みがある
  • 頚椎椎間板ヘルニアのリハビリでマッサージを受けても痛みが取れない

当院では、上記のお悩みをお持ちの方の改善実績があります。

当院の治療を受けられ頚椎椎間板ヘルニアが改善された方は…

  • 趣味のゴルフが続けられるようになった
  • 夜間よく眠れるようになった
  • 薬を飲まなくてもよくなった
  • 以前は朝起きたらすぐに痛みに悩まされていたが、痛みなく快適な朝を迎えられるようになった
  • 身体が自由に動かせるようになり、精神的な快適さを手に入れることができた
  • 頚椎椎間板ヘルニアの症状がなくなり、手術を避けることができた
  • 痛みを気にすることなく、我が子を抱っこできるようになった
  • 首の痛みや腕の痺れから解放され、仕事に専念できるようになった

など、たくさんの喜びの声を頂いております。

当院の治療を受けた方の喜びの声をお聞きください。

翌朝、目が覚めて起き上がったとき、え!痛くない!!って嬉しさがこみ上げてきたことには、涙がこみ上げ、思わず先生にお礼を言いたくて電話をしてしまいました。

松本 美代子さん松本 美代子さんのお声

松本 美代子さん 女性
兵庫県 芦屋市 主婦
お悩みの症状:肘のしびれ、肩こり、頚椎椎間板ヘルニア

※個人の感想であり、治療効果を保証するものではありません

手術を受けないといけないのか…とショックを受けている方に、まず試して頂きたいです。

D.M.さんD.M.さんのお声

D.M.さん 男性
兵庫県 神戸市 営業
お悩みの症状:腰椎椎間板ヘルニア、頚椎椎間板ヘルニア

※個人の感想であり、治療効果を保証するものではありません


頚椎椎間板ヘルニアを根本から改善し、あなたのやりたいことが自由にできる身体を手に入れましょう!


頚椎椎間板ヘルニアとは・・・

椎間板ヘルニアとは、椎間板が変性(組織が機能低下を起こした状態)を起こし、線維輪が断裂した部分から髄核や線維輪によって椎間孔(神経のでるところ)が狭められることによって起こる神経症状を伴う疾患です。椎間板ヘルニアがよくおこる部位は、首であれば頸椎の5番目と6番目の間、次いで4番目と5番目の間の椎間板です。

椎間板ヘルニアがよくおこる年齢は、20代、次いで30~40代、そして10代、50~60代と続きます。加齢に伴う椎間板変性の過程で生じる、もしくは重いものを持ち上げたときやスポーツなどで強い力がかかった時に椎間板が破綻し、椎間板内にある髄核(まんじゅうの皮が椎間板、あんこが髄核だと思ってください)が飛び出し、神経の出てくるところを狭めているといわれています

椎間板ヘルニアの方の自覚症状は、頸椎椎間板ヘルニアの場合、首から肩、背中にかけての痛み、痺れ感や首の運動制限があり、首を動かすことによって痛み、痺れが強まり、安静にすると楽になります。また腕への放散痛、痺れ感、感覚障害、脱力感や時に胸の痛みを感じることもあります。

当院の頚椎椎間板ヘルニア治療のアプローチとは

椎間板ヘルニアは、ひとつの椎間板に過剰な負荷がかかったことにより起こります。
ではなぜその椎間板に過剰な負荷がかかってしまっているのかを考えなくてはいけません。

当院では、ヘルニアを起こしてしまった椎間板の周辺に対してアプローチするのではなく、まずは体全体を見てその椎間板がなぜ負担を強いられることになってしまったのかを考え、その原因を探すところから始めていきます。

当院で見つかった頚椎椎間板ヘルニアの原因としては、

・肋骨と背骨の関節の強いゆがみ
・頭、背骨、骨盤をつなぐ神経を被う硬膜の緊張
・頭蓋骨の縫合のゆがみ
・首と心臓をつなぐ靭帯の緊張
・過去の交通事故による首への影響
・足や指の関節のつまり

など頚椎椎間板ヘルニアの方にはある程度共通した問題が見られます。

頚椎椎間板ヘルニアと診断されると手術を告げられて、絶望感を味わう人が多いかもしれません。
しかし、手術をする前に切らずに治るとすれば、その方がいいのではないでしょうか?

当院では頚椎椎間板ヘルニアの治療に加えて、頚椎椎間板ヘルニアに関係している習慣の改善のアドバイスや予防のストレッチなども含め、真の改善に向かって対応致します。

頚椎椎間板ヘルニアでお悩みの方は是非、私にその痺れや痛み撃退のお手伝いをさせて下さい。

前田悦宏

078-855-5163
当整体院へのご予約・お問い合わせはこちら

◆阪急六甲駅より徒歩1分◆◇JR六甲道駅から徒歩約8分◇

〒657-0051 神戸市灘区八幡町3-6-19クレアール六甲2A  詳しいアクセスはこちら

■受付時間…月曜~土曜 9:30~19:30 ■定休日…日曜・祝日

PAGE TOP