オステオパシーとは

オステオパシーの始まり

オステオパシーは1874年に西洋医学の外科医師A.T.スティルによって創始された医学です。スティル医師は自分の学んだ西洋医学に満足せず自然科学の本を紐解きました。
そして人はなぜ病気になるのか?同じ病名でありながら命が助かる人と助からない人の違いは何か?ということに対して疑問を持ち、熟考した結果ある結論に至りました。
それは、『人の身体は抵抗力、防衛力を持っており、もしこの抵抗力が弱まるような身体の構造の異常が起これば、それによって生理学的な不調和をきたし、その結果として病気が起こる。』というものでした。
オステオパシーはこの身体における自然の法則を発見するところから始まりました。

オステオパシーの名前の由来

オステオパシーは、ギリシャ語の「Osteon:骨」と「Pathos:苦しむ・病気」という二つの言葉から 「Osteopathology」という言葉が生まれ、略されて「Osteopathy」となりました。
これは単に骨の病気という意味ではなく骨を含む生命体の性質を利用した治療法という意味です。この生命体には身体を構成しているすべてのものが含まれています。

オステオパシーの病気に対する考え方

スティル博士のこの言葉が、オステオパシーの病気に対する考え方を的確に表しています。オステオパシーでは症状のみに焦点を当てて身体を診るのではなく、まずなぜそのような異常な状態になってしまったのかを診ます。そして正常な身体と比較して逸脱している異常な部位を探し出し、調整を行うのです。オステオパシーでは病気は自然治癒力低下の影響あるいは結果としてとらえています。悪いところを見つけ出し再調整した後は自然の力に任せる、それがオステオパスの仕事です。

世界のオステオパシーの現状

アメリカでは、D.O.(Doctor of Osteopathic Medicine)と呼ばれる第一職業学位(First professional degree)・称号を有し、西洋医学医師(M.D.)と同様に正規の医師です。アメリカでは西洋医学の医師と同様に投薬・手術など全ての医療行為が認められています。イギリス、フランスなどのヨーロッパでは、オステオパシーは国家資格として認められており、妊婦の出産や子供の発育などの補助にも貢献しています。またプロスポーツ選手の所属する多くのクラブチームにはオステオパスが帯同しています。このようにオステオパシーは欧米で世間一般に広く受け入れられています。

オステオパシー治療なら【トリニティオステオパシー】

兵庫神戸市の整体院Trinity Osteopathy(トリニティオステオパシー)で身体の痛みを改善しませんか。当院が行っている「オステオパシー」治療は、身体に起こっている不調和を調整し、眠っていた自然治癒力を呼び覚まします。身体の組織の繋がりを重視し、解剖学や生理学的な考えのもと最小限の力で治療を行っております。
肩こり腰痛、交通事故治療、骨盤矯正ゆがみ矯正のことならお気軽に当院にご相談ください。