主な症状例

椎間板ヘルニアでお困りの方へ

1、このような症状で困っていませんか?

  • 腕から指先まで痺れる感覚がある
  • お尻から足の裏まで痺れる感覚がある
  • 足の親指を曲げたり伸ばしたりがしにくい
  • うがいをする姿勢をとると腕に電気が走る
  • 手の親指の付け根のふくらみがへこんできた
  • 最近足に力が入りにくい
  • 手や腕のある範囲を触られても感覚が鈍い気がする
  • すねのあたりの感覚がにぶい気がする

椎間板ヘルニアとは、椎間板が変性(組織が機能低下を起こした状態)を起こし、線維輪が断裂した部分から髄核や線維輪によって椎間孔(神経のでるところ)が狭められることによって起こる神経症状を伴う疾患です。椎間板ヘルニアがよくおこる部位は、首であれば頸椎の5番目と6番目の間、次いで4番目と5番目の間の椎間板です。腰では、5番目の腰椎と仙骨(骨盤の真ん中にある骨)の間、次いで腰椎の4番目と5番目の間の椎間板です。

2、 なぜ椎間板ヘルニアの症状が起こるのでしょうか?

椎間板ヘルニアがよくおこる年齢は、20代、次いで30~40代、そして10代、50~60代と続きます。加齢に伴う椎間板変性の過程で生じる、もしくは重いものを持ち上げたときやスポーツなどで強い力がかかった時に椎間板が破綻し、椎間板内にある髄核(まんじゅうの皮が椎間板、あんこが髄核だと思ってください)が飛び出し、神経の出てくるところを狭めているといわれています。

椎間板ヘルニアの方の自覚症状は、頸椎椎間板ヘルニアの場合、首から肩、背中にかけての痛み、痺れ感や首の運動制限があり、首を動かすことによって痛み、痺れが強まり、安静にすると楽になります。また腕への放散痛、痺れ感、感覚障害、脱力感や時に胸の痛みを感じることもあります。

腰椎椎間板ヘルニアの場合、腰痛と足への痛みがあり、運動や労働によって症状はひどくなり、安静にすると楽になります。多くの場合、楽になったりまた悪くなったりを繰り返す腰痛があったところに、急性発作として激しい腰痛と足への痛みが生じます。またくしゃみや咳をすると足の痛みは悪化することもあります。ヘルニアにより下肢の筋力が低下するとスリッパが脱げやすくなったり、ちょっとした段差でつまずきやすくなったりもします。

上記のように、頚部椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニアにしても、その椎間板に過剰な力がかかり続けた結果、問題が発生します。

3、 オステオパシーの整体による椎間板ヘルニアのアプローチの仕方

椎間板ヘルニアは、ひとつの椎間板に過剰な負荷がかかったことにより起こります。
ではなぜその椎間板に過剰な負荷がかかってしまっているのかを考えなくてはいけません。

当院では、ヘルニアを起こしてしまった椎間板の周辺に対してアプローチするのではなく、まずは体全体を見てその椎間板がなぜ負担を強いられることになってしまったのかを考え、その原因を探すところから始めていきます。

椎間板ヘルニアの症状でお困りの方に共通して言えることは、

  • 食習慣の問題からくる内臓臓器の動きの低下
  • 骨盤のゆがみ
  • 呼吸に関連する構造の問題
  • 体の柔軟性の低下

があります。 こうした問題をひとつひとつ理解し、体に何が起こっているかを考えた上で治療にあたっていけば多くの場合、痛み、痺れの症状は劇的に変化していきます。

オステオパシーで身体を診る時に大切にしていることは、

「身体はみんなつながっている!」ということです。

ヘルニアの場合は、上記のような問題に対してそれぞれ適切なアプローチをしていきます。

  • 食習慣の問題からくる内臓臓器の動きの低下 → 頭蓋反射療法、内臓マニピュレーションなど
  • 骨盤のゆがみ、呼吸に関連する構造の問題 → 構造的アプローチ

どのテクニックを用いて治療を行うかが重要なのではなく、まずは何が原因になってその症状が引き起こされたのかという原因を見極めることがもっとも重要です。

4、 過去の臨床例

左のお尻から膝裏にかけての痛み(坐骨神経痛)があり、病院でMRI検査により椎間板ヘルニアと診断される。牽引、電気などの物理療法やブロック注射を何度も行うが全く痛みが変わらず手術を勧められていた。手術をする前に何か方法はないか探しており、当院へ来院。
≪ 60代 女性 ≫

≪所見≫

検査を行うと、仙尾関節の制限と骨盤内臓器の癒着があり、それにともない骨盤が大きく変位していた。

≪施術内容≫

仙尾関節 → ダイレクトテクニック
骨盤内の癒着 → 頭蓋反射療法および内臓マニピュレーション
骨盤の変位 → マッスルエナジーテクニック

結果:その場で歩行時の左臀部(おしり)から膝にかけての痛みが消失。

※椎間板ヘルニアの人に必ずこの手順で施術を行うわけではありません。また治療方法・期間及び程度には個人差があり、治療を受けていただいた方すべてに同じような結果が出るとは限りません。

※施術効果には個人差があります